设为首页收藏本站

我爱秘籍论坛

 找回密码
 加入论坛

QQ登录

只需一步,快速开始

CE:最优秀的游戏修改工具入门:修改器制作傻瓜教程说说:你最想要找的修改器以前游戏玩我们,现在我们玩游戏
进阶:游戏修改视频教程导航必备:超2400款游戏秘籍下载:超5000款游戏修改器必读:论坛金币获得方法
查看: 4723|回复: 3
打印 上一主题 下一主题

[转载] 《星际争霸1》神族部分兵种解析

[复制链接]
跳转到指定楼层
1
发表于 2010-5-16 11:29:19 | 只看该作者 回帖奖励 |倒序浏览 |阅读模式
Probe (プローブ)
CostM 50 S 1
Hit Points20
Plasma Shields20
Ground Attack5
Air Attack-
Cooldown22
Armor0 (+1/1up)
Attack Range1
Sight8
SizeSmall
Transportation1 Slot
Trained atNexus
RequiresNexus
Build Time20


●特徴
  • Protossの労働者
  • 建物へのワープゲートを開くだけで建設を完了できる(その間Probeは自由に動ける)
  • 戦闘能力はDroneと互角、SCVには劣る
  • 密かに視界がちょっとだけ広い


●使い方
  • 内政全般を行わせる
  • 最序盤の偵察
  • 序盤、Zealotが1体しかいないとき、坂で横に並んで隙間を埋める
  • 敵陣の資源裏や丘の上にこっそりCannonを建ててCannon Rushする
  • 敵陣付近、もしくは通路上にCannonを乱立させて封鎖する


●研究

Ground Armor (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Plasma Shields (M200 G200 / M 300 G 300 / M 400 G 400 / Forge)

陸軍を強くしたついでにProbeもちょっとだけ強くなるが、ほとんど意味無し。

●解説

Protossの労働者。労働者の中では一番癖がなく、純粋に内政に専念するのでSCVやDroneのような小技もない。Pylonさえ建ててしまえば1体でもどんどん建設していけるので、資源所を固めるのが楽で、またその性質を活かして序盤からこっそりCannonを建てて敵を攻撃することができる。ただしSCVほどの戦闘能力はないので、Rushされたときはちょっと辛い。Protossは最序盤のUnit数が少ないので、壁をProbeで補うことも時には必要になる。

ProbeはTerranのSCV、ZergのLarvaのようにウロチョロしないので、建物を整然と並べていくことが可能。完全主義者のあなたに。



Zealot (ゼロット)

[size=-1]"My Life for Aiur!!"
CostM 100 S 2
Hit Points100
Plasma Shields60
Ground Attack16(8*2) (+1*2/1up)
Air Attack-
Cooldown22
Armor1 (+1/1up)
Attack Range1
Sight7
SizeSmall
Transportation2 Slot
Trained atGateway
RequiresGateway
Build Time40


●特徴
  • 初期Unitの中では戦闘能力が高く、序盤は単一編成でもかなり戦える
  • 初期Unitでありながら耐久力が高く防御施設への耐性も高い
  • 能力のバランスが良く序盤から終盤まであらゆる局面で役立つ
  • 密集性が高いので範囲攻撃全般に弱い
  • コストがやや高め


●使い方
  • 序盤の守り、牽制、そして隙あらばZealot Rushで勝負を決める
  • Dragoonの盾としてZerglingなどから守る
  • Tankの横にドロップして直接攻撃したり、Mineral付近にドロップして労働者を攻撃
  • 敵3rdへの牽制と建設中の潰しを狙って各資源所を少数で偵察


●研究

Develop Leg Enhancements (M150 G150 / Citadel of Adun)

Citadel of Adunで唯一研究することができるZealotの専用アップグレード。Zerglingのような足を手に入れることができ、高速運用はもちろんのこと戦闘能力が格段に高まる。特にTankに接近する手段として重宝する。また敵のRange Unitに引き撃ちされるのを防げる。Zealotにとって最も重要なアップグレードなので、数を揃えているならできるだけ早く研究しておきたい。


Ground Weapons (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Ground Armor (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Plasma Shields (M200 G200 / M 300 G 300 / M 400 G 400 / Forge)

ZealotのAttack, Armor, Shieldをそれぞれ強化する。このアップグレードは同じ主力UnitのDragoonと共通のアップグレードとなっており、ZealotとDragoonを地上戦力の中核として必ず運用するProtossにとっては、このアップグレードは欠かせないものとなる。Zealotは2回攻撃するので、Attackはアップ毎に+2される。

有名な話だが、Zerglingに対してGround Weaponsを上げて相手のArmorと差をつけておけば、2回の攻撃(18*2=36)でHP35のZerglingを倒せるようになり非常に有利になる(アップ差がない場合は3回の攻撃が必要)。よってZerglingを量産するZerg相手にはGround Weaponsのアップを優先するのが定石である。

●解説

Protossの初期Unitで、種族の特徴を端的に表している存在。日本では"爪"と呼ばれる。MarineとZerglingの実に2倍のコストだが、最序盤はMarineなどの数が揃っていない上にProtossは資源回収効率が良いので、この時期組み合った際にZealotが負けることはあまりない。Zerglingなどと違って数が少ないため、狭い空間でも動かしやすく、丁寧に動かしやすいという利点もある。坂道を2体のZealotに塞がせるだけで序盤の守りは堅牢。進化を急いだり守りの甘い相手には5体くらいにRushさせるだけで潰せてしまうことも多々ある。ただし純粋なコスト効率ではZerglingに負け、数が揃ったりMedicが絡んでくるとMarineに負ける。

序盤、Supply 2を増やすペースがMarineはBuild Time 48なのに対し、ZealotはBuild Time 40なので、2GWで量産すると序盤からどんどんSupplyを圧迫してしまうのでPylon建設タイミングに注意。またいくら耐久力が高いといっても、所詮初期UnitでReaverやLurkerによる範囲攻撃は大の苦手なので気をつける。中盤以降は他にもVulture, Mutaliskといった苦手な敵が増えるのでDragoonの手を借りたい。

中盤以降も性能の良いZealotはDragoonの前衛として配置したり、Shuttleによるドロップで活躍することになる。Siege Mode中のTankの真横に落とすと、近接攻撃しつつSpider MineやTankによる同士討ちを狙うことができる。Tankと正面から戦う際は直接右クリックで特攻させ、殴りつつ敵のSpider Mineによる心中を狙おう。もちろん移動速度アップは必須。

Zealotは昔はHP/Shieldsが80/80だったが、v1.08で100/60になって強化された。



Dragoon (ドラグーン)

[size=-1]"I have returned.."
CostM 125 G 50 S 2
Hit Points100
Plasma Shields80
Ground Attack20e (+2/1up)
Air Attack20e (+2/1up)
Cooldown30
Armor1 (+1/1up)
Attack Range4 (+2/Research)
Sight8
SizeLarge
Transportation4 Slot
Trained atGateway
RequiresCybernetics Core
Build Time50


●特徴
  • Protoss陸軍の中核を担うRange Unit
  • 地上にも空中にも攻撃でき、能力的にもバランスが良く、ほとんどの局面に対応可能
  • 初期状態では射程が短いが、研究でかなり伸びる
  • サイズが大きく詰まりやすい
  • コストパフォーマンスはそれほど良くなく、量産するとGasの消費が激しい
  • まともに組み合うと初期Unitに対して相性が悪い


●使い方
  • Zealotを壁にして同時に攻撃しお互いをサポート
  • Air Unitへの攻撃
  • 足の遅いUnitに対して逃げ撃ちして有利に戦う
  • Observerと連携してSpider Mineの除去


●研究

Singularity Charge (M150 G150 / Cybernetics Core)

Dragoonの射程を+2する。+2のアップはかなり遠距離から攻撃できるようになるので非常に大きい。というかもともと図体が大きく攻撃しにくいUnitなので、これを研究しておかないと性能が低い。即Dragoonで行く場合は最初のDragoonを生産している最中に研究してもいいくらいの必修項目。


Ground Weapons (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Ground Armor (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Plasma Shields (M200 G200 / M 300 G 300 / M 400 G 400 / Forge)

Protossは地上戦をZealot, Dragoonメインで戦っていくので、Carrierに切り替えたりしない限りは最終的にフルアップすることになるだろう。そのときは効率の良いWeaponsとArmorを優先し、Shieldsを後回しにすると良い。

●解説

Protossの主力Range Unit。愛称は"ドラ"。反物質粒子という格好良い名前の攻撃を出す。対空攻撃ができないZealotをサポートしつつ、弱点の少ないその汎用性の高さであらゆる局面に対応できる。数を揃えればCarrierも落とせてしまう。欠点は量産する対象としては少々高価なことだが、2ndや3rdを回していれば複数のGWからガンガン量産してDragoonの大軍を作ることも可能。

体が大きく耐久力も高いために、Zealotの苦手とする範囲攻撃に対しても多少は耐性を持ち、Tankを相手にもそれなりに持ちこたえることができるが、反面その巨体はDragoonを操作する上で常に悩みの種になる。坂道を上らせるときに明後日の方向へ走り出すDragoonには誰しもイライラするだろう。密集しにくいため、MarineやHydraliskほど数が増えた際の攻撃力増加は急激ではない。その際はZealot, High Templer, Reaverなども混ぜて攻撃効率を高めるといいだろう。

Dragoonは攻撃がExplosiveである関係で、Small属性の初期Unitとまともに組み合うと弱く、特に素早く接近戦を仕掛けてくるZerglingなどは嫌いなのだが、それを克服する方法に"引き撃ち(逃げ撃ち)"がある。これはDragoonの足の速さを活かしてアップ前の敵を逃げながら撃っていく戦術で、後方クリックで逃げる -> Cooldownが終わった瞬間に攻撃 -> 後方クリックで逃げる…というのを繰り返すもの。操作量を圧迫するものの戦闘は有利に進められる。

Dragoonは特にMech Terranに対して有効なUnitで、敵主力のVultureに対して強い(Large Sizeでダメージを受けにくく、ObserverがいればSpider Mineを安全に除去できる)ので、Zealotを作らずに最速でDragoon量産体制を整える即Dragoon戦法がよく用いられる。TerranにはZerglingやZealotのようなMelee Unitがいないのも大きい。



High Templar (ハイテンプラー)

[size=-1]"Hasah-hurditum-hari"
CostM 50 G 150 S 2
Hit Points40
Plasma Shields40
Energy200 (+50/Research)
Ground Attack-
Air Attack-
Cooldown-
Armor0 (+1/1up)
Attack Range-
Sight7
SizeSmall
Transportation2 Slot
Trained atGateway
RequiresTemplar Archives
Build Time50


●特徴
  • 最強の攻撃能力であるPsionic Stormを使える
  • 幻影を作り出すHallucinationを使える
  • 2体を合体させてArchonを生み出すことができる
  • 通常の攻撃手段は一切持たず、肉体は脆弱で足は遅い
  • 生産直後はEnergyが溜まっておらず何もできない
  • 研究しないと能力を全く使えない
  • Psionic Stormを使いこなすには的確な操作と戦術が必要になる


●使い方
  • Psionic Stormで(射程外から)敵集団に致命的なダメージを与える
  • CloakしているUnitをPsionic Stormで攻撃、看破していなくとも有効
  • Cannonの裏に配置して資源所を襲いにきた敵をPsionic Stormで撃退
  • 丘の上やMineral裏にドロップし、敵労働者をPsionic Stormで虐殺
  • Archonが必要な場合、あるいはEnergyが切れたら合体でArchonになる


●研究

Psionic Storm (M200 G200 / Templar Archives)

Energyを75消費し、Range9で3x3 Matrixの範囲に14*8 = 112ダメージを与えるPsionic Stormを放てるようになる。この攻撃は地空、Armor、Cloakなど全てを無視して決められた範囲に必ず同じダメージを与えるというルール無視技で、Protossのリーサルウェポンとなっている。ただし味方も同様に巻き込んでしまう、建物には無効といった点には注意が必要である。この能力はCloakを看破していなくとも、Unitがいるであろう空間の揺らぎに向かって放てば透明状態のまま屠り去ることができる。また視界確保さえしていれば、Tank以外の敵に対して遠距離からいきなり攻撃できる。

とにかくHigh Templarはこの能力を研究しなければ全くのカス、人生の落伍者、資源を食うだけのゴミ、一緒にいたくないProtoss No.1なので、生産と同時に研究も進めておくこと。大体Energyが溜まったのと同時に研究も完了するようになっている。ちなみにこの能力は昔はさらにダメージが高かったのだが、さすがに強過ぎたのか徐々に弱体化されていった。

[size=-1]ShuttleでドロップしてPsionic Stormで農民虐殺するHigh Templar


Hallucination (M150 G150 / Templar Archives)

Energyを100消費し、対象の幻影を2体作り出す。幻影は攻撃力を持たず、また受けるダメージが2倍で何もしなくとも一定時間経つと勝手に消えてしまう。自軍には幻影は青く見える。能力自体がそれほど強力ではない上に貴重なEnergyを消費してしまい、High Templar最大の使い道であるPsionic Stormを撃ち難くなってしまうので、あまり研究されない。

ただ能力自体は単に幻影を作って全体の耐久力を底上げすることに使えるので、Psionic Stormより使い勝手は良い。幻影空軍で強行偵察、Unitを積んだShuttleを守る、Carrierのような高級Unitにかけて守る、といった使い方もある。余談だがCampaignでHero Unitにかけるとかなりの耐久力を持つ幻影が生まれて攻略に役立つ。

[size=-1]幻影Carrier艦隊の出来上がり


Khaydarin Amulet (M150 G150 / Templar Archives)

High Templarの最大Energyを+50する。これによりEnergyの限界が250になってPsionic Stormを最大3発まで連続で放てるようになる。研究は後回しにもできるが、Gas食い虫のHigh Templarの数を少なく抑えられるようになるので早期に研究した方が良いだろう。


Ground Armor (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Plasma Shields (M200 G200 / M 300 G 300 / M 400 G 400 / Forge)

ZealotたちをアップグレードしたついでにHigh Templarもちょっとだけ硬くなるが、TemplarのArmorが上がっても…という感じ。

●解説

Protoss = High Templarというイメージを持つ人もいる(最近は少ないか?)ほどの強烈なインパクトを放つUnit。日本での愛称は"天ぷら"。既に解説した通り、Psionic Stormは文句なしにStarcraftで最強の攻撃能力だ。上手く決まればHigh Templar 1体でHydraliskを1ダースくらい倒してしまう。またCloakを看破せずともピンポイントで敵を倒せる唯一のUnitでもある。固定した状態で動かなくなるLurkerやTankには特に効果的と言えるだろう(ただしTankには射程で負けるので工夫が必要)。Rangeも9とTankに次いで長く、Observerで視界を確保して敵が待ち構えているところに放てるとおいしい。

しかしPsionic Stormを実戦で使うとなると、いくつもの問題点が見えてくる。まずHigh Templarは足が遅いので、歩調を合わせるのが難しく一緒に動かすにはShuttleを利用する必要があること。HPが低いので、行軍が遅れたHigh Templarがすれ違った敵部隊に、能力を使う前に瞬殺されるのはよく見る光景である。またいざ戦闘をする際にも、しっかりタイミングを合わせて攻撃を仕掛けないとTemplarが仕掛ける前に味方に被害が出すぎてしまったり、あるいはTemplarが先行してしまい殺されてしまう、ということになる。Psionic Stormを放つ際にも重複を避けるために1体ずつ命令を出す必要があり、他のUnit操作が疎かになりやすい。

結局のところ、High Templarの脆さとは「操作が間に合わないと何もできずに死ぬ」「タイミングが合わないと満足に力を発揮できない」「操作負担が大きい」といったところにある。Psionic Stormは単純に敵軍に大ダメージを与えられるお手軽能力ではなく、プレイヤーにも相応のリスクと負担を強いる難しい攻撃手段なのである。ただそうはいっても、TankやLurkerといった中盤の強敵と渡り合うためにPsionic Stormは絶対に欠かすことのできない武器なので、Protossプレイヤーは練習あるのみだろう。

なお、High Templarは手薄な3rdや4thの護衛Unitとしてはお手軽かつ強力である。Photon Cannonを乱立させた裏にHigh Templarを配置しておけば、止まっている敵を確実にPsionic Stormで攻撃することができる。Photon Cannonは建物なので同士討ちの危険も無い。丘や資源裏からの攻撃もReaver同様強力。この戦法は海外で"Storm Drop"と呼ばれる。

High Templarは2体いれば合体してArchonにすることができる。割高なUnitだが、前線でEnergyが尽きた後は役立たずなので合体して攻撃に加わった方がいいし、対ZergでMutaliskが出てきたときには相性の良いArchonを出すのが有効となる。



Dark Templar (ダークテンプラー)

[size=-1]"Adun Toridas!"
CostM 125 G 100 S 2
Hit Points80
Plasma Shields40
Ground Attack40 (+3/1up)
Air Attack-
Cooldown30
Armor1 (+1/1up)
Attack Range1
Sight7
SizeSmall
Transportation Slots2
Trained atGateway
RequiresTemplar Archives
Build Time50


●特徴
  • かなり早期に出せる常時Cloakの奇襲Unit
  • 常にCloakしているので見破れなければ一方的に攻撃可能
  • 攻撃能力が高く2体程度でも看破されなければ敵陣を壊滅可能
  • 一撃で40のダメージは多くのUnitを瞬殺できる
  • Cloakを見破られているとコストパフォーマンスが恐ろしく悪い
  • 2体が合体することでDark Archonを誕生させられる


●使い方
  • vs Terran, Protossで即DTから奇襲
  • 道中で移動型ディテクターのいない相手を襲う
  • Zealotたちと一緒に突撃(できるだけ敵ディテクターを排除)
  • 偵察合戦で敵の偵察Unitを一方的に排除しつつコッソリ偵察
  • 防衛準備の整っていない敵2nd, 3rdを潰す
  • 自陣、特に2ndや3rdの護衛、ドロップ対策
  • 後半の戦いに変化を加えるためにDark Archon召喚


●研究

Ground Weapons (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Ground Armor (M100 G100 / M175 G 175 / M250 G250 / Forge)
Plasma Shields (M200 G200 / M 300 G 300 / M 400 G 400 / Forge)

Attackは一回毎に+3である点に注目。Dark Templarの攻撃力は40で、MarineやDroneの体力も40であり、相手だけがArmorを上げていると一撃で殺せなくなるが、一度でもGround Weaponsを研究しておけば必ず一撃で倒せるようになる。

●解説

Brood Warで加わったCloak Unit。日本では通称DTで、別に暗黒天ぷらとは呼ばないようだ。Cloak Unitとしてはかなり早期に出すことができ、攻撃力も高いので、相手の対策が遅れている(あるいは対策を放棄している)とそれだけでゲームが終わってしまう。逆に対策が万全となる中盤以降はピンポイントでしか使えず、あまり生産されない。しかしGasに余裕があるなら1,2体ばら撒くだけでも相手はディテクター無しで迂闊に行動できなくなり、牽制として有効である。

TerranとProtossはDTを意識していないとCloak対策が甘くなるので、即DTは有効。TerranならTurretかComsat Station、Protossの場合は建設中のCannonを潰してしまえば後は労働者狩りタイムとなりジ・エンドだろう。中途半端な位置にある砲台は無視。即DTを防ぐには相手もそれなりの準備をする必要があり、毎回万全の対策をするのは難しいので、この戦法は単純ながら強力だ。逆にZergはOverlordが簡単にCloakを見破ってしまうので即DTはあまり有効ではない(CorsairでOL狩り後は有効)。敵チームにZergがいる場合でもOverlordが配布されているので敵陣を一気に落とすのは難しくなる。

Terranは即MechからTankのSiege Modeを急ぐ場合とSpider Mineを急ぐ場合の2パターンがあるが、Spider Mineが早い場合はMineだけでDTが処理されてしまう危険性がある。この場合はこちらもDTを進める前にDragoonを前面に出しSpider Mineの散布を抑える、駆除するなどしよう。またComsat StationのScanからTemplar Archivesを隠せるように工夫して配置したい。
分享到:  QQ好友和群QQ好友和群 QQ空间QQ空间 腾讯微博腾讯微博 腾讯朋友腾讯朋友
收藏收藏 转播转播 分享分享 分享淘帖
2
发表于 2010-5-16 11:57:32 | 只看该作者
厉害
3
发表于 2010-5-29 16:46:51 | 只看该作者
哎呀
4
发表于 2010-7-6 11:48:52 | 只看该作者
..又是。。
您需要登录后才可以回帖 登录 | 加入论坛

本版积分规则

小黑屋|手机版|Archiver|我爱秘籍论坛    

GMT+8, 2014-11-1 05:16 , Processed in 0.183722 second(s), 22 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表